野菜もたっぷり摂れて手間もかからず、洗い物も少ない鍋料理は主婦の味方です。
我が家では季節問わず食卓に鍋が出ます。
数ある鍋の中でもスンドゥブチゲは特に気に入っていて、夏でも汗をかきながら辛い鍋を食べるのが大好きです。
本日はそんなお気に入りの鍋のひとつ、しっかり辛くて身体が目覚めるスンドゥブチゲをご紹介します。

<材料/2〜3人分>
・水・・・・・・・・・500ml
・ごま油・・・・・・・大1
・キムチの液・・・・・大1
・おろしにんにく・・・小1
・豚バラ薄切り肉・・・50g
・あさり・・・・・・・10〜15粒
・キムチ・・・・・・・50g
・えのき・・・・・・・1/4パック
・うすあげ・・・・・・1枚
・白ねぎ・・・・・・・1/2本
・豆腐・・・・・・・・1/2丁
(合わせ調味料)
・豆板醤・・・・・・・小1/2
・甜麺醤・・・・・・・小1
・酒・・・・・・・・・大1
・しょうゆ・・・・・・小1
・ウェイパー・・・・・大1
・砂糖・・・・・・・・小1
・白ねぎみじん切り・・5cm分
・チリペッパー・・・・小1〜大1お好みで調節(粉唐辛子でも可)

  1. 合わせ調味料を混ぜておく。あさりは砂抜きして、殻をこすり合わせるようにして洗う。
  2. 豚バラ薄切り肉は3cm幅くらいに切る。白ねぎは3cmの斜め切りにする。うすあげは細切りに、えのきは半分くらいに切る。
  3. ポリ袋にごま油、豚肉、キムチ半量(25g)、キムチの液を入れ、よく揉み込む。
  4. 鍋に3を入れ、豚肉の色が変わるまで炒める。
  5. 鍋に水、合わせ調味料、水気を切ったあさり、えのき、うすあげを加えて加熱し、あさりの殻が開いたらねぎと豆腐を入れる。
  6. 全体に火が通ったら、残ったキムチ25gを上にトッピングして完成。

お好みで卵をのせると少しまろやかになります。
チリペッパー(または粉唐辛子)の量で辛さを調節してください。

食材をスープごと頂けて満足感もあり、食卓のマンネリ防止にもなり、洗い物も少ないだなんて、鍋最高説唱えたいです。
今回はしっかり辛くて身体が目覚めるスンドゥブチゲでしたが、次回は辛さ控えめヘルシー豆乳キムチ鍋もご紹介しますね。

Pocket


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA